2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

十四歳のナイフ ―――ガゼット様より

2007.06.06 (Wed)
十四歳のナイフ

嗚呼、今日もまた晴れた青空がうざい
汚染蝕人ゴミに押し潰されそう
今日もただ苛立つ自分に腹が立つ
消えて呉れ これ以上俺を殺さないで呉れ
嗚呼、加速する思春期故の衝動
どうせ周りは俺なんか見ちゃ呉れない
真面目ぶる事に疲れてしまった
もう、お別れさ。 日の当たらない「僕」
目を閉じれば思い出すアスファルトの首、滲む紅
Man//nElLy化したテレビはやがて
俺の名前で埋め尽くされる

愛や優しさなんて裏切りの前戯さ
だからもう誰にも愛されない様に
透明な存在に、不要品になろう
そうしたら今よりもずっと楽だろう

嗚呼、加速する思春期故の衝動
どうせ周りは俺なんか見ちゃ呉れない
真面目ぶる事に疲れてしまった
もう、お別れさ。 日の当たらない「僕」
うざく晴れた昼下がり
赤いサイレン 愚鈍な大人
両手首に 法的拘束冷たく滲む
耳を澄ませば聞こえる
幼き悲鳴 断切バラード
モザイク越しのクラスメイトは
「まさかあいつが?」とカメラに言った

人を壊す事で癒やされてた俺は
罵声の中新しいステージに向かう
モノトーン車窓から微かに見える桜
気づけば街一面 春が咲いていた
十三年後の俺へ笑えているかい?
きっと何かに気付き変われてるかもしれない
俺はまだ生きている罪を見つめながら
うざく晴れた青空が見えぬこの監獄で

懲役十三年 仮退院まであと一年と四カ月
【Edit】 |  22:14 |  歌詞  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

十七歳 ―――ガゼット様より

2007.06.06 (Wed)
十七歳

未練は無いと踏み込んだ女一人東京駅
もう疲れたの…生きてる意味が無いから

ずっと幸せな毎日 続くと思っていた
あたしの身体の中には あなたとよく似た此の子がいて
嬉しくて嬉しくてだけど解らないけど 涙が止まらなかった

あなたには不幸だったのですか?貴男には迷惑だったのですか?
だからあたしの事捨てて何も言わずに消えたんでしょ?
壁に掛かった花嫁衣裳とあの人を憎んだ一七歳の春
最後に見た後ろ姿が今でも目に焼き付いてて離れない。。。

「愛する事に疲れた。」って言葉もかわさず逃げたじゃない
あたしがどんな思いをして貴男を待ち続けたか。。。わかる?。。。
痛みがまた込み上げて 叫んでみても何も変わらず
あなたの影を引きずったまま

やがて生まれてくる此の子には辛い思いさせたくないの
ごめんね。あたしは母として やさしく抱き上げる事すら
思い出に泣いた十七歳の春 あの日には二度と帰れないのに
何処か心の奥の方で手を伸ばしてるあたしがいて
壁に掛かった花嫁衣裳をずっと。。。

まだ見ぬ此の子の泣き声と春を待つ。。。

ぁぁ・・・。
揺らめく春は散った。。。

【Edit】 |  22:05 |  歌詞  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

ザクロ型の憂鬱 ―――――ガゼット様より

2007.06.04 (Mon)
ザクロ型の憂鬱


泣いて泣いて泣き止んだら笑顔のままでいよう
泣いて泣いて笑顔くれたら僕の側にずっと・・・

窓辺から差す朝日がいつもと違く見えた
気が重いのは先が見えたからだろう
花瓶に揺れる見舞いの花が枯れる頃は
君を残し全てを捨てて何処か遠くへ
君はいつも励ますようにふざけてみて
明るく接し自分の事よりも僕を・・・

辛いでしょ?こんな姿を見てるのは
疲れたと素直に云えばいいのに
君は嫌な顔一つせずただ優しくて
僕を抱きしめて泣いてくれた。。。

生きたいよ、死にたくない、思う度涙は零れ
生きたいよ、君の為に、何一つしてあげれたてない


しばらく寝てしまってたようだ
隣には君の香りだけが残ってて
なんだか胸騒ぎがしてたんだ
不安がこみ上げる

そして日は経ち帰りを待つ僕に届いた
一枚のメモは君からで
記されてた事実に言葉無くし
壊れた様に泣き叫んだ
(セリフ)
泣いて泣いて泣き止んだら笑顔のままでいよう
泣いて泣いて笑顔くれたら僕の側にずっと・・・

僕の中で君はいつも見守って呉れてるんだね
目を閉じて君を想えば笑顔だって忘れないよね
これからもずっと同じ景色を見続けて生きて行こう
窓辺から差す朝日と潮風に吹かれ眠ろう

(もしも二人が目覚めなくても・・・。)
【Edit】 |  23:00 |  歌詞  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Cassis ―――――ガゼット様より

2007.05.20 (Sun)

Cassis

ずっと繰り返してた ずっと悲しませてばかりだった
きっとあなたさえも傷付けて 僕は動けぬまま
あなたな触れる事が 何故 こんなに苦しいのですか?
きっと同じ事を繰り返しあなたを 失ってしまうのが怖かったから

寄り添う事で拭おうとした 忘れ切れなかった日を
あなたは何も聞かずに この手を握ってくれたね

明日あなたの気持ちが離れても
きっと変わらず愛している
明日あなたに僕が見えなくても
きっと変わらず愛している。
I will walk together,the future not promised
It keeps walking together,to the future in which you are...

辛い事さえ 忘れるくらい
あなたを想っている
会えない夜を数える度に
焦がれる胸
かけ違いの寂しさ募る どうか一人きりで泣かないで
どんなに離れていても 信じ合える二人でいよう


どうかこのまま 笑っていたい
あなたを傷付けさせないで
時が経つ度 薄れて行った
あんな想い 繰り返したくない
明日あなたの気持ちが離れても
きっと変わらず愛している
明日あなたに僕が見えなくても
きっと変わらず愛している。
どうか 僕だけを見つめていて
どうか この手が解けぬよう

I will walk together,the future not promised
It keeps walking together,to the future in which you are...
【Edit】 |  17:38 |  歌詞  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

幸せな日々 ―――ガゼット様より

2007.05.16 (Wed)
幸せな日々


傷付け合うつもりはなかったしょ?
だけどいつもすれ違うばかり
あたしとは違う 君にはゆめがあるから
わかってるつもり でもね本当は・・・。

会いたいよ・・・会いたいよこの気持ちを伝えたい
会いたいよ・・・会いたいよ君の肩で眠りたい

離さないでねずっと 掴まえていてよずっと
じゃなきゃあたしどっか行っちゃうよ?
支えになりたいの 君の夢に少しだけ連れてって・・・。


このまま笑っていれたら幸せなの?


そばにいるだけできっと 幸せになれるから
最後だなんて言わないでしょ?
優しくしないでよなんて わがままでしょ?「ゴメンネ・・・」


素直になれぬまま もうすぐ冬が来て
淋しさが身に染み込んでね
泣かないよ あたし強くなれたでしょ?「ほら・・・」
傷付け合うつもりはなかったよね?
だけどいつもすれ違う二人・・・。

【Edit】 |  23:44 |  歌詞  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。